ベジママは効果なし?その噂は本当なのか真相に迫ってみた!

葉酸サプリの中でも妊活に効果があると話題のベジママ。

しかしベジママには効果がないと感じてしまっている方がポロポロといるようです。

もしもその噂が本当なら、ベジママを使おうかどうか悩んでしまいますよね。

そこでベジママを飲んでも効果がないというのは事実なのか、真相に迫ってみることにしました。

ベジママに効果がないのではないかと不安な気持ちを抱いてしまっている方はぜひご覧ください。

ベジママに期待できる効果とは

それではまず、ベジママの成分や効果には一体どんなものがあるのか見ていきましょう。

妊活に必要な成分を豊富に含有しているベジママ

ベジママには、妊活への効果が期待できる成分が豊富に含まれています。

それらの成分がどのように効果を発揮するかというのは以下の通りです。

成分名 効果
葉酸 赤血球の生成をサポートし、血液を増やす造血作用

細胞分裂の促進で赤ちゃんの成長を手助け

ビタミンB12 葉酸の吸収率を高める

赤血球の生成を助けることから貧血の予防にも効果的

ルイボス 抗酸化作用で卵子や生殖機能の衰えを予防
ビタミンE 血流を良くして妊娠の大敵となる体の冷えを改善
マンガン 代謝がアップする
ビタミンC ストレスを和らげて妊娠効率を上げる

ビタミンEの効果が高まる

こうして見ると、どれも妊娠には欠かせない成分だということが分かります。

妊娠を希望している方にとって、このような成分が配合されているのはとても嬉しいですよね。

さらに、上記でご紹介した成分の他にもベジママだけに配合されている注目の成分があります。

その成分詳細については以下で詳しくご説明していきますね。

ベジママで期待されている妊活成分「ピニトール」

ベジママに含まれている妊活成分「ピニトール」は、不妊症の改善に効果があると注目を集めています。

不妊の原因には、多嚢胞性卵巣症候群と言って卵巣の中に卵胞がたくさんできてしまい、通常よりも卵胞が大きく育たなくなってしまう病気が挙げられています。

卵胞が育ちづらくなってしまうことで、排卵されづらくなってしまうのです。

ちなみにこの多嚢胞性卵巣症候群はPCOSやPCOとも呼ばれています。

そしてこのピニトールが多嚢胞性卵巣症候群を改善し、妊娠に役立つと言われているのです。

ピニトールには女性の体を整える働きがあることから、妊娠への効果が高まっていますよ。

ベジママは本当に効果なし?みんなの声を参考にしてみよう

前項では簡単にベジママの効果をご紹介してきました。

しかしみなさんが気になっているのは、これらの効果が本当にあるのかどうかというところだと思います。

そこで実際にベジママを使用した人達の意見を集めてみたので良ければチェックしてみてくださいね。

ベジママの効果に対する悪い意見

まずはベジママの効果に対して寄せられていた悪い意見からお伝えしていきます。

20代/女性
妊娠を目指してベジママを飲んでみましたが、わたしの口にはあまり合わなかったです。

そのせいもあってすぐに飲むのをやめてしまいました。

だからというのもあるかもしれませんが、その間に妊娠することはできず、ベジママの効果を実感することができませんでした。

ですが粒の大きさは小さめだったので飲みやすかったです。

30代/女性
飲みにくさを感じてしまいます。

ベジママのにおいが気になり、自ら進んで飲むことができませんでした。

どうせだったら購入した分だけでもとりあえず飲んでみようと思って飲み続けていたのですが、飲んだり飲まなかったりという日があったからか結局妊娠の夢を叶えることはできませんでした。

期待していただけに、とても残念です。

ベジママの効果に対する良い意見

続いてはベジママの効果に対して挙げられている意見をご紹介していきますね。

20代/女性
妊娠が初めてで、自分が本当に妊娠できるのかどうかすごく不安でした。

そこで妊活系の雑誌を読んでいて気になったベジママを試してみることに。

そしたら本当に妊娠することができたんです!

これがベジママだけの効果なのかどうかは分かりませんが、妊活をしている間たしかに感じたのは平均の体温が上がったことと、冷え性が少し緩和されたということです。

今では毎日お腹の赤ちゃんに話しかけ、産まれてきてくれる日を楽しみに待ち構えています。

40代/女性
高齢での妊娠となるため、「自分でも本当に妊娠することができるのだろうか?」という不安がつのり、妊活にも効果のある葉酸サプリを探していたらベジママを見つけました。

葉酸だけでなく、妊活へ効果があるというピニトールやミネラルをたくさん摂取できるのがすごく嬉しいです。

まだ妊娠することができたわけではありませんが、ベジママを飲むようになってからは少しずつ体への変化が現れてきているような気がします。

これからのベジママの効果に期待したいです。

ベジママを飲んでも効果を実感できない理由とは

ベジママを実際に使用してみた方達の良い意見・悪い意見を見てみて、悪い意見を挙げている方には次のような特徴があることが分かりました。

「味やニオイが苦手で継続できなかった。」

やはりベジママを飲んだからと言ってすぐに効果が現れるわけではなく、継続して使うことで効果が発揮されやすくなっていきます。

一方で良い意見には、ベジママを飲んで妊娠できたという方もいらっしゃいましたよ。

そうしたことからベジママの効果はたしかにあると言うことができそうです。

ベジママの効果を高める3つの方法

「ベジママを飲んでも効果を実感できなかったらどうしよう。」

そう不安を抱いている方もいるかもしれません。

そこでベジママの効果が高まりやすくなる3つの方法をこれからご紹介していきますね。

ベジママを使用しながら普段の生活習慣に気を付け、効率的に妊娠を目指していきましょう。

睡眠をしっかり取って体をやすめる

まず妊娠で大事になるのが睡眠をしっかり取るということです。

なぜなら睡眠不足が続くと精神状態を保つ大事な神経である自律神経が崩れ、ホルモンの分泌量が乱れてしまうからです。

これによって女性ホルモンのバランスが取れなくなってしまうと不妊にもつながってしまいます。

そのためできるだけ不規則な時間帯に寝る生活は避け、睡眠時間をたっぷりと確保するようにしましょう。

そうすることで、ベジママの妊活への効果がさらにアップしやすくなりますよ。

タバコを控える

妊活をしている時はお酒やタバコもNGです。

特にタバコに含まれる活性酸素は卵子の質を低下させ、妊娠しづらい体になりやすくなってしまいます。

また、タバコを吸うと血管が収縮しやすくなり、そのせいで体が冷えやすい状態になってしまいます。

体の冷えは卵巣や子宮など、妊娠に必要な臓器へダメージを与えてしまうので、妊娠を望むのであれば喫煙は避けた方が良いでしょう。

ストレスを上手に発散してリフレッシュする

妊娠するためにはストレスを溜め込んでしまうのもあまり良くありません。

妊娠に欠かせない女性ホルモンはストレスに弱く、ストレスが溜まれば溜まるほどホルモンの分泌量が減少してしまいやすくなります。

そうしてホルモンバランスが乱れてしまうと排卵が起こりづらくなったり、生理周期が不安定になってしまうので不妊につながりやすくなってしまうのです。

ですからなるべく体にストレスを溜め込まないようにし、毎日をスッキリと過ごしながら妊活を行ってみてくださいね。

自分の好きなことをするのもストレス発散には効果的なので、時間がある時や休日などを使って上手に溜め込んだストレスを取り払っていきましょう。

まとめ

「ベジママには妊活への効果がないのではないか?」と心配してしまっていた方もいると思います。

しかし「ベジママを使ったら子供を授かることができた!」という先輩ママさんはたくさんいらっしゃいますよ。

あなたもベジママを飲んで、先輩ママさんのような妊娠への効果を自分の体で実感してみてくださいね。