ベジママにはマカが入ってない!?それでも売れる理由とは…

妊活について考える人なら、『サプリメントを使いたいけどどれがいいのか分からない』という悩みを一度でも持ったことはありませんか?

そこで、おすすめの人気の妊活サプリがあります。

そのサプリは、『ベジママ』

大変人気なのですが、妊活で定番のマカが入っていないんです。買いたいと思っていても、それを聞くと不安になってしまいますね…。

それに『マカもベジママも使ってみたいけど、併用できるのかなぁ』という不安を持っている人もいると思います。

ですが、これをすべて読み終わるころにはその不安は消え、妊活に対する不安も必ず減っているはずです。

まずはベジママが本当に妊活に効果があるのか見ていきましょう。

マカが入っていないベジママに妊活の効果ある?

ベジママ

マカが入っていないベジママに、妊活の効果があるのか気になりますよね。

ここではベジママの主要成分とベジママ独自の嬉しいサービスについてお伝えしていきます。

ベジママの主要成分はピニトール!

妊活で定番のマカ・葉酸は聞いたことがある人は多いと思いますが、『ピニトール』は名前も聞いたことのない人が多いと思います。

ピニトールについてリストにまとめたので、下記をご覧ください。

  • アイスプラントという植物に含まれる、ビタミンBの一種。
  • インスリンというホルモンと同じ働きをして、血糖値を下げる。
  • PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効き目がある。
  • ミネラルも多く、女性特有のバランスをコントロールする

どうですか?ピニトールが何か分かって、妊活にも効果があるような気がしてきませんか?

次はベジママに含まれる、ピニトール以外の成分についてです。

ベジママに含まれる効果的な成分は、ピニトールだけじゃない!

ベジママのほかにはない特徴は、ピニトールが含まれていることです。しかしそれ以外にも妊活に効果のある成分が盛りだくさん。

特に葉酸はほかのサプリと同じ量が入っているため、葉酸も取りたいという人にはもってこいのサプリです。

成分の効果について見ていきたいと思います。

最初に葉酸の効果をまとめたのでご覧ください。

  • 胎児の神経管閉鎖障害などのリスクを減らせる。
  • 流産や死産の確率の減少、子宮内胎児発育遅延の改善が見込める。
  • 子宮内膜の細胞生成を補助する
  • 妊婦時になりやすい、貧血の予防

これを見るだけで、妊活サプリで人気な理由がわかります。

さらに葉酸は、国が妊娠から授乳が終わるまで摂取することを推奨している成分なので、妊活には外せないものですね。

ピニトール・葉酸以外の成分と効果を表にまとめたので、見てください。

成分名 効果
ルイボス l  受精卵が着床しやすくなる

l  冷えの改善

l  不安やイライラが和らぐ

l  生殖器機能の低下を防ぐ

ビタミンC l  ストレスが和らぐ

l  活性酸素の除去

l  免疫力を高める

ビタミンE l  血行を促進させる

l  ホルモンバランスを整える

l  受精卵が着床しやすくなる

ビタミンB12 l  血を作る働きで貧血予防

たくさんの成分が入っているので、ベジママ一つで乗り越えられる気もしてきますね!

ですが、栄養の取りすぎには注意してください。

ビタミンB12と葉酸の過剰摂取で胎児の自閉症のリスクが高まったというデータもあります。妊活には栄養を適量でバランスよくとることが大切です。

妊活を応援するお得なサービス

妊活サプリに限らずいえることですが、少し試して効果が出ないからといって、やめてしまっては違うものを試してみてもうまくいかないと思います。

特に妊活は根気強く続けることで効果が出てくるものです。

体の中から変えてことが目標なので、飲み始めてすぐに効果が目に見えて表れることは少ないでしょう。

しかし、そんな長い道のりをサポートしてくれるサービスがベジママにはあります。

それは『定期ママ活応援プラン』です!

その内容をまとめたものがこちらです。

【価格について】 (税抜)

  価格 送料 1日当たり
通常 5500円 500円 200円
定期 初回 2750円 無料 約91円
2回目以降 4680円 無料 156円

初回購入は50%OFF、2回目以降の購入でもずっと15%OFFで、送料まで無料なのはうれしいですね。

【サービス】

  • 初回購入は全額返金保証
  • 全国スピード配送
  • 定期コースの一時お休みができる

どうですか?サービスが充実したママ活応援プランの良さがわかっていただけたでしょうか。

ちなみに定期コースは一か月でやめることもできるので、試しに使ってみたい人でも通常購入ではなく、定期購入一択ですね!

そもそもマカって妊活にいいの?

葉酸と並んで妊活の基本である成分のマカですが、一体どのような効果があるのか知っていますか?

名前だけ聞いたことがある人は、これから妊活を始めるにあたって色々なところで出てくるのでこれを機に勉強しておきましょう!

そもそもマカって何?

ペルー原産の植物で、大根やカブの一種であるマカ。

必須アミノ酸やビタミン・ミネラルがバランスよく含まれているため、完全食とも言われています。

次はこの栄養満点なマカが妊活にどのような効果があるのか見ていきましょう。

マカの効果は知ってる?

妊活の基本であるマカは主に2つの効果で妊活する人をサポートしています。

それがこちらの効果です。

  • ミネラルやアミノ酸がホルモンの分泌を助け、ホルモンバランスを整える
  • リジンが肝機能を高め、受精率を高める

どちらも良い効果がありますが、特にホルモンバランスを整える効果が注目されて、妊活の基本となる成分とまで言われるようになりました。

ここまで見てきて、ピニトール・葉酸・マカのすべてに妊活への効果があることがわかっていただけたと思います。

そこで皆さんはその3つすべてのサプリを使いたいと思いませんか?次はサプリの併用のことについて書いていきます!

ベジママとマカの併用はできる?

ピニトール・葉酸・マカの効果を知った人はすべて使いたいと思うはずです。でも、サプリの併用ってなんか怖いですよね。

葉酸とピニトールを含んでいる妊活サプリベジママと、マカのサプリを併用しても良いものなのか。

ここからは皆さんの疑問を解決のお手伝いしていきます。さっそく見ていきましょう。

ベジママとマカで効果絶大!?

結論から言うと、ベジママとマカの併用することができます。むしろ相乗効果によって、もっといい効果が得られると思います。

それぞれの効果を見ていただければわかる通り、ピニトール・葉酸・マカの3つは違う効果があります。だから、併用することであっという間に妊活が終わってしまうことだってあるかもしれません!しかし、併用には一つ問題があるんです…

マカが合わない人もいるかも…

マカには妊活に効果がある栄養がたくさん含まれています。

そして、ホルモンバランスを整える効果がありましたよね?

このホルモンバランスを整えるという効果、これはホルモンバランスに影響を与えるということになります。

この効果のせいで、バランスがさらに悪化してしまったり、もともと正常だったものが影響を受けてバランスを崩してしまったりなど、悪影響を与えてしまうことがあります。

このようなことがあるので、医師から不妊治療中はマカの摂取は控えるように言われる場合もあるそうです。

ベジママとマカを使い分けて、不妊を解決しよう!

先ほどの話でマカを摂取するのが怖くなってしまった人もいるかもしれません。

そんな人は、まずマカの含まれていないベジママを使用してみることをおすすめします。

ベジママにはホルモンバランスに影響を与えるような成分は含まれていないので、安心して使用を続けられると思います。

実際にマカが合わず、ベジママに移行してから妊活が良い方向に変わったという口コミもあるので、自分の症状がわかっている場合には、間違えないように選択してサプリを使うことをおすすめしています。

その他の葉酸サプリをご覧になりたい方は、こちらのサイトも参考になりますよ!

参考:葉酸サプリ

まとめ

ベジママにマカが入っていないにもかかわらず人気が高い理由は、不妊の原因であるPCOSへの効果がある『ピニトール』が含まれているからでした。

さらに葉酸やルイボス、各種ビタミンも含まれていて、妊活している人や妊娠中の人でも効果が期待できるサプリです。

それに加え、お得なママ活応援プランがあるので、初めて試してみたい人にも、継続して使い続けたい人にも優しいサービスが充実していることも理由の一つでしょう。

『妊活がうまくいかない』・『ママになれる身体にしたい』と妊娠について悩む、全ての人へおすすめします!